ConoHaのOSイメージでインストールしたCentOS 7.1のsysstatを修正する。

GMOインターネットのConoHaは、先日のリニューアルで非常に使いやすくなりました。コントロールパネルで選択できる、OSイメージも最新ディストリビューションが揃っています。

普段からCentOS 7.1を利用している私は、CentOS 7.1のOSイメージを選択しています。 OSイメージは、便利なのですがVPSを利用し始めるとroot宛にメールが届きます。

From root@xxxxx.localdomain  Mon May 18 19:10:01 2015
Return-Path: <root@xxxxx.localdomain>
X-Original-To: root
Delivered-To: root@xxxxx.localdomain
Received: by xxxxx.localdomain (Postfix, from userid 0)
        id DDA0AEB4BA; Mon, 18 May 2015 19:10:01 +0900 (JST)
From: "(Cron Daemon)" <root@xxxxx.localdomain>
To: root@xxxxx.localdomain
Subject: Cron <root@xxxxx> /usr/lib64/sa/sa1 1 1
Content-Type: text/plain; charset=UTF-8
Auto-Submitted: auto-generated
Precedence: bulk
X-Cron-Env: <XDG_SESSION_ID=21>
X-Cron-Env: <XDG_RUNTIME_DIR=/run/user/0>
X-Cron-Env: <LANG=en_US.UTF-8>
X-Cron-Env: <SHELL=/bin/sh>
X-Cron-Env: <HOME=/root>
X-Cron-Env: <PATH=/usr/bin:/bin>
X-Cron-Env: <LOGNAME=root>
X-Cron-Env: <USER=root>
Message-Id: <20150518101001.DDA0AEB4BA@xxxxx.localdomain>
Date: Mon, 18 May 2015 19:10:01 +0900 (JST)

Cannot open /var/log/sa/sa18: No such file or directory

ConoHaのOSイメージは最小構成ではなく、いくつかのパッケージが追加されているいます。

メールの本文を見れば、察しがつく方もいると思いますが追加されているパッケージのsysstatが正常に起動していません。

 

試しに、sarコマンドを実行してみます。

[root@xxxxx ~]# sar
Cannot open /var/log/sa/sa18: No such file or directory

メール本文と同じエラーメッセージが出力されます。。

 

systemctlコマンドでsysstatサービスを確認します。

# systemctl status sysstat.service -l
sysstat.service - Resets System Activity Logs
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/sysstat.service; enabled)
   Active: failed (Result: exit-code) since Mon 2015-05-18 16:22:27 JST; 2h 56min ago
 Main PID: 607 (code=exited, status=2)
   CGroup: /system.slice/sysstat.service

May 18 16:22:27 xxxxx sa1[607]: Cannot open /var/log/sa/sa18: No such file or directory
May 18 16:22:27 xxxxx systemd[1]: sysstat.service: main process exited, code=exited, status=2/INVALIDARGUMENT
May 18 16:22:27 xxxxx systemd[1]: Failed to start Resets System Activity Logs.
May 18 16:22:27 xxxxx systemd[1]: Unit sysstat.service entered failed state.

sysstatにも同じエラーメッセージが出力されています。sysstatを再起動してもエラーは消えませんでした。

 

私の場合、sysstatの再インストールで問題を解決できました。

# yum remove -y sysstat
# yum install -y sysstat

 

再インストール後、sysstatを起動してもエラーメッセージは出力されませんでした。

# systemctl restart sysstat.service
# sar
Linux 3.10.0-229.4.2.el7.x86_64 (xxxxx)        05/18/2015      _x86_64_        (2 CPU)

07:21:57 PM       LINUX RESTART

07:22:06 PM       LINUX RESTART

07:22:17 PM       LINUX RESTART

# systemctl status sysstat.service
sysstat.service - Resets System Activity Logs
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/sysstat.service; enabled)
   Active: active (exited) since Mon 2015-05-18 19:22:17 JST; 54s ago
  Process: 20685 ExecStart=/usr/lib64/sa/sa1 --boot (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 20685 (code=exited, status=0/SUCCESS)

May 18 19:22:17 xxxxx systemd[1]: Stopping Resets System Activity Logs...
May 18 19:22:17 xxxxx systemd[1]: Starting Resets System Activity Logs...
May 18 19:22:17 xxxxx systemd[1]: Started Resets System Activity Logs.