CentOS 7 - ownCloudでサーバの余ったリソースを専用クラウドストレージに。

GoogleDrive、Dropbox、MEGAなど、無料で利用できるオンラインストレージはたくさんありますがサーバの余ったリソースを使って専用オンラインストレージを構築しました。

ownCloudは、Windows・Mac・iphone・androidでクライアントソフトが揃っているので使い勝手がいいと思います。

本投稿では、ownCloudのインストールとセットアップの方法を紹介します。

 

作業環境

- カゴヤ・クラウド/VPS type A

- CentOS 7.1

 

 

目次

1.MariaDBをインストール

2.Apacheをインストール

3.PHP 5.6 をインストール

4.ownCloudをインストールとセットアップ

 

 

1.MariaDBをインストール

 

MariaDBをインストール

MariaDBをインストールします。

# yum install mariadb-server mariadb

 

MariaDBの起動と自動起動設定

MariaDBのデーモンを起動します。

# systemctl start mariadb

サーバ起動時にMariaDBデーモンが起動するよう自動起動設定に追加します。

# systemctl enable mariadb
ln -s '/usr/lib/systemd/system/mariadb.service' '/etc/systemd/system/multi-user.target.wants/mariadb.service'

 

MariaDBの初期セットアップ

MariaDBには、初期セットアップコマンドがあるので実行します。。

# mysql_secure_installation
/usr/bin/mysql_secure_installation: 行 379: find_mysql_client: コマンドが見つかりません

NOTE: RUNNING ALL PARTS OF THIS SCRIPT IS RECOMMENDED FOR ALL MariaDB
      SERVERS IN PRODUCTION USE!  PLEASE READ EACH STEP CAREFULLY!

In order to log into MariaDB to secure it, we'll need the current
password for the root user.  If you've just installed MariaDB, and
you haven't set the root password yet, the password will be blank,
so you should just press enter here.

Enter current password for root (enter for none):
OK, successfully used password, moving on...

Setting the root password ensures that nobody can log into the MariaDB
root user without the proper authorisation.

Set root password? [Y/n] ←空Enter
New password:   ←パスワード入力
Re-enter new password: ←パスワード入力
Password updated successfully!
Reloading privilege tables..
 ... Success!


By default, a MariaDB installation has an anonymous user, allowing anyone
to log into MariaDB without having to have a user account created for
them.  This is intended only for testing, and to make the installation
go a bit smoother.  You should remove them before moving into a
production environment.

Remove anonymous users? [Y/n] ←空Enter
 ... Success!

Normally, root should only be allowed to connect from 'localhost'.  This
ensures that someone cannot guess at the root password from the network.

Disallow root login remotely? [Y/n] ←空Enter
 ... Success!

By default, MariaDB comes with a database named 'test' that anyone can
access.  This is also intended only for testing, and should be removed
before moving into a production environment.

Remove test database and access to it? [Y/n] ←空Enter
 - Dropping test database...
 ... Success!
 - Removing privileges on test database...
 ... Success!

Reloading the privilege tables will ensure that all changes made so far
will take effect immediately.

Reload privilege tables now? [Y/n] ←空Enter
 ... Success!

Cleaning up...

All done!  If you've completed all of the above steps, your MariaDB
installation should now be secure.

Thanks for using MariaDB!

※一行目のエラーは、気にせずに勧めてください。

 

データベースとユーザを作成

ownCloudに使う、データベースとユーザを作成します

# mysql -u root -p
Enter password: ←初期セットアップコマンドで決めたパスワードを入力

MariaDBにログインできたら、データベースを作成します。

mysql> CREATE DATABASE <任意のデータベース名>;

ユーザを作成 作成するユーザは、上記作ったデータベースに対してのみ全ての権限を与えるように作成する

mysql> GRANT ALL ON <作成したデータベース名>.* to "<任意のユーザ名>"@"localhost" IDENTIFIED BY '<任意のパスワード>';

 

 

2.Apacheをインストール

 

Apacheをインストール

Apacheをインストールします。

# yum install httpd

 

MariaDBの起動と自動起動設定

Apacheのデーモンを起動します。

# systemctl start httpd

サーバ起動時にMariaDBデーモンが起動するよう自動起動設定に追加します。

# systemctl enable httpd
ln -s '/usr/lib/systemd/system/httpd.service' '/etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service'

 

 

3.PHP 5.6 をインストール

 

Yumリポジトリを追加

PHP 5.6をインストールするためには、「EPEL」と「Remi」のリポジトリが必要になるので追加します。

# yum install epel-release
# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

 

PHP 5.6をインストール

PHP 5.6とPHP関連のパッケージをインストールします。

# yum install --enablerepo=remi-php56 php php-opcache php-devel php-mbstring php-mcrypt php-mysqlnd php-phpunit-PHPUnit php-pecl-xdebug php-pecl-xhprof php-gd php-ldap

 

PHPのタイムゾーンを設定します。

# sed -i 's/\;date\.timezone\ \=/date\.timezone\ \=\ Asia\/Tokyo/g' /etc/php.ini

 

 

4.ownCloudをインストールとセットアップ

 

Yumリポジトリを追加

ownCloudのインストールに必要なYumのリポジトリを追加します。

# wget -P /etc/yum.repos.d/ http://download.opensuse.org/repositories/isv:/ownCloud:/community/CentOS_7/isv:ownCloud:community.repo

 

ownCloudをインストール

先ほど追加したYumリポジトリを指定してownCloudをインストールする

# yum install owncloud

 

ownCloudをセットアップ

ownCloudをインストールするとApacheの設定ファイル「owncloud.conf」とドキュメントルート「/var/www/html/owncloud」が自動生成されます。

# ls -l /etc/httpd/conf.d/owncloud.conf
-rw-r--r-- 1 root root 69  1月 21 20:37 2015 /etc/httpd/conf.d/owncloud.conf
# ls -ld /var/www/html/owncloud
drwxr-x--- 13 root apache 4096  2月  5 00:14 2015 /var/www/html/owncloud

 

ブラウザからIPアドレスでアクセスするとownCloudのドキュメントルートに到達するよう「owncloud.conf」にバーチャルホストの設定を追加します。

<VirtualHost *:80>
    DocumentRoot /var/www/html/owncloud
    ServerName <サーバIPアドレス>
</VirtualHost>

 

Apacheの設定を変更したので、リロードではなく念のため、リスタートします。

# systemctl restart httpd

 

KAGOYAのVPSでは、はじめからiptablesが設定されているのでiptablesを停止させるか以下のように80番ポートを開放します。

# iptables -I INPUT -p tcp --dport 80 -j ACCEPT

 

 

ブラウザでセットアップ

ブラウザからIPアドレスを指定し、アクセスします。

http://<サーバIPアドレス>

 

アクセスするとブラウザには、以下の画面が表示されます。ここでは、「ストレージとデータベース▼」をクリックし「MySQL/MariaDB」を選択してください。

f:id:sabakan1204:20151002041249j:plain

 

次の画面では、お好きユーザー名・パスワードを決めて入力してください。データベースのユーザー名・パスワード・データベース名は、MariaDBをインストールした時に決めたものを入力してください。

f:id:sabakan1204:20151002041252j:plain

 

以上、終わり